アパート・マンション経営をしているオーナーには、内見につながるために賃料を下げる空室対策をしている場合がある

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

アパート・マンション経営オーナーの賃料を下げて空室対策

アパート・マンション経営のオーナーにとって、空室対策は問題となっておりますが、募集賃料を下げ、対策をしているオーナーもいるそうです。今の入居希望者は、実際にお部屋を見る前に、インターネットなどで物件を吟味、取捨選択し、厳選して絞り込んでから最終的に内見するという行動を取る人が大多数だそうです。インターネットの賃貸物件サイトで希望の条件を打ち込めば、それに該当する物件が自宅にいながらにして確認する事ができ、一部例外はあるそうですが、一昔前の様に、やみくもに不動産会社を歩き回ったりするような非効率な事はしないそうです。

ちょっと高いけど、実際に中を見てもらったら良さが分かるから、と考えるオーナーの方もいるそうですが、現在の賃貸市場では、中を見てもらう事が、なにより重要で大変な事になるそうです。部屋を見てもらう前に、良さが伝わらないと実際に内見にも来てくれないそうです。選んでもらうためには、競合物件よりも目立つためにはどうすれば、という事を徹底的に考えていく事が重要なのですが、一番効力的にアピールできる事は賃料の値下げになるそうです。同じタイプの物件が並んでいる中、自分の物件だけ賃料が安くなっていると、それだけ多くの人の目に触れることになり、やがて部屋を見に来てもらい成約に至る機会も増えるそうです。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.