アパート・マンション経営されているオーナーのリノベーションで物件の価値をあげるという空室対策

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

アパート・マンション経営のリノベーション空室対策

今や賃貸物件は飽和状態になっているそうです。世の中には同じような物件が溢れていて、入居者は選び放題のいわゆる借り手市場となっており、アパート・マンション経営されているオーナーのなによりの問題は空室対策の様です。空室対策として、リノベーションで物件の価値を上げる、という対策をしているオーナーもいるそうです。以前は高く部屋を貸すことを目的としたリフォームをする事がよくあったそうです。本来12万円程度で貸す物件を、リフォームを施すことによって物件の価値を上げ、相場以上の賃料で借りてもらおうというものだったそうです。

確かにそれが効果を示していた時期もあったそうですが、しかし残念ながら現在ではそう簡単ではなく、リフォームをしたから高く貸せる、という訳ではないそうです。リフォーム、リノベーションされた部屋は、周辺の似たような物件に比べて決して高くなければ、通常の物件よりお得感を出す事が出来るそうです。他の競合物件にはない割安感を与えることで選ばれるようになるそうです。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.