退去率を下げる方法は、目先の収支ではなく、長期的な展望をする事がマンション経営で重要になる

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

目先の収入ではなく長期的な展望をする事がマンション経営で重要

マンション経営の際には、退去率が気になるところですが、退去率を下げる方法として、少しの負担はあるのですが、更新料をサービスするという方法です。契約更新の時期が近づくと、現在の部屋に別段不満はないけれど、退去する入居者が多くなるそうです。なんとなく更新料を払うことがもったいなく感じてしまうのがその原因になるそうです。退去する旨を管理会社から報告を受けたら、がっかりする前に、更新してくれるなら更新料はいりません、という一言を入居者に伝えてみてみると状況は変わるかもしれないそうです。

通常、更新作業には管理会社への事務手数料として更新料の半額が掛かる事がほとんどで、入居者からの更新料がないということは、その事務手数料が持ち出し、オーナーの自己負担となりますが、更新料が掛からないなら、不満もないしとりあえずそのまま住もう、と考える入居者は多くいるそうです。1か月分の収入を我慢するだけで、この先も賃料を払い続けてもらえるなら、長期的に考えて絶対に得になります。賃貸経営を行ううえでもっとも重要なことは、目先の収支ではなく、長期的な展望で考える事だそうです。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.