マンション経営での空室対策ですが、オーナーの顔が見える管理・運営を心掛けると長時期の入居につながる

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

マンション経営でのオーナーの顔が見える管理・運営

マンション経営をしている際、気になるのが空室対策ですが、お金を掛けずに対策をする事が出来るそうです。不動産会社に管理を任せていれば、オーナーは基本的に入居者とコンタクトを取る必要はありませんが、ちょっとした心遣いを行うだけで、オーナーの人柄に触れることができ、入居者は安心感が増し、入居者心理はまったく違うものになっていくそうです。

実際に室内でトラブルがあれば、対応するのは管理会社ですが、何かあったらいつでも言ってくださいねなど、このような一言があるだけで、オーナーさんが気にかけてくれていると入居者は感じることができるそうです。お金を払う側と受け取る側に過ぎなかった関係が、人間同士の付き合いに変わるそうです。直接、顔を見せに行く必要はないそうですが、ちょっとした一言や挨拶で、オーナーの人となり、つまり顔が見えるような管理・運営を心がける事によって、退去率を下げ末永い長期間の入居につながるそうです。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.