マンション経営に大切な事は、空室をなくす事で、空室対策には、ちょっとした気づかいと思いやりが大切

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

マンション経営に大切な気づかいと思いやり

マンション経営の際に大切な事は、空室をなくす事だそうです。空室をなくす最適な方法は、空室を作らない事になるそうで、入居者に出来るだけ長く住んでもらう事が大切な事になるそうです。もし、退去されてしまえば、次の入居者が決まるまで収入はゼロになってしまいます。退去後、幸いにして1、2ヶ月で新しい入居者が決まればそれに越したことはありませんが、借り手市場で競合物件が山ほどあるこのご時勢、そんなに簡単なことではないそうです。

入居者に長く住んでもらうためには、入居者に対して、ちょっとしたサービスを徹底する事だそうです。入居者に対するほんの些細な気遣いや思いやりを、分かりやすく伝える事、伝わるようにする事で、例えば室内で設備の故障があり、わずかな期間でも入居者に迷惑をかけてしまったときには、迷惑お掛けしましたと連絡してみたり、契約を更新してくれたときには、更新ありがとうございますと連絡を入れてみたり、入居者の誕生日にお花を贈ったという話もあるそうです。お花自体、そんなに高価なものではなかったそうですが、入居者の方はとっても喜んでいたそうです。入居者へちょっとした気遣いや思いやりですが、大切な事になるそうです。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.