購入したばかりの不動産物件でマンション経営を始めるには初期費用が掛かります。少しでも節約して成功させましょう。

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

上手にマンション経営するには

手堅い投資法として知られているマンション経営ですが、少ない自己資金で始められるとしても一定の初期費用は必要になりますね。通常のマイホームを購入するときと同じように、投資用の分譲マンションを購入する場合も諸費用が掛かります。マンションの販売価格が2000万円だとしたら、頭金として少なくとも200万円以上は必要です。さらに、中古マンションであれば不動産業者に対して仲介手数料も支払うことになります。

他にも登録免許税や印紙税、不動産取得税などがありますし、毎年固定資産税も支払わなければなりません。少しでも費用を抑えるためには節税も重要です。確定申告の際、購入時に掛かった諸費用や減価償却費などは収益からマイナスすることができるのです。賃借人からの家賃は収益となりますが、必要経費の方が高ければ高い税金は課税されません。マンション経営を始める際は、あらかじめ税金についてもしっかり確認しておくことが大切です。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.