マンション経営においては、空室率のリスクを減らしたいです。家賃保証なら、一定の収入が得られます。

マンション経営は素人でもできる
マンション経営は素人でもできる

マンション経営で空室率のリスクを減らすもの

投資においてリスクは将来の不確かさのことです。将来については誰もわかりませんが、過去のデータ等があると一定の予測が出来る場合があります。マンション経営においては、素人が行う場合どうしてもリスクは高くなってしまいます。素人ですから経営をしたことがありません。何か問題があったときにどうしたらよいかわからなくなるのです。

リスクの一つとして空室率があります。すべて入居してもらえれば家賃収入も多くなりますが、一部のみになるとその分収入も減り投資効率が悪くなります。このリスクを回避する方法としては、管理会社が用意しているものを利用することがあります。家賃保証と呼ばれるもので、空室でも一定の収入が得られるようになっています。

管理会社は入居人を探したり物件を管理するノウハウを持っています。ですから家賃保証をしたとしてもそれ以上に運営できるので問題はないのです。空室率が心配と思っているなら業者に相談してみましょう。利用には条件があります。

Copyright (C)2019マンション経営は素人でもできる.All rights reserved.